コンテンツにスキップする

米デルの5-7月期、売上高が予想上回る-在宅需要でパソコン好調

デル・テクノロジーズが27日発表した5-7月(第2四半期)決算では、売上高と利益がともにアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で在宅勤務・学習向けのパソコン需要が増加したことが示された。

  5-7月期の売上高は227億ドル(約2兆4200億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は225億ドルだった。一部項目を除いた1株利益は1.92ドル。アナリスト予想の1.38ドルを大幅に上回った。同決算を受け、株価は時間外取引で一時約4%上昇した。

  デルは新型コロナによる不況でデータセンター向けハードウェアの法人需要減少に直面する一方、消費者が巣ごもりする中でパソコンのラインナップ刷新が奏功した。

  ジェフ・クラーク最高執行責任者(COO)は「親や教師や学区がバーチャル学習という新たな領域への準備を進める中、政府部門からの受注が16%、教育部門からの注文が24%それぞれ増えた」と発表文で述べた。

  5-7月期の部門別売上高は、消費者向け機器が前年同期比18%増の32億ドル。法人顧客向けパソコンが同11%減の80億ドル。サーバーとネットワーク機器が5%減の42億ドル、ストレージハードウエアが4%減の40億ドル、ITソリューションのヴイエムウェアは10%増の29億ドルだった。

米デル、ヴイエムウェア過半数株式のスピンオフを検討

原題:
Dell Revenue Tops Estimates on PC Boost From Virtual Learning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE