コンテンツにスキップする

HPの5-7月売上高、予想上回る-リモートワークがPC需要追い風

  • 「1世帯1台ではなく、1人1台」になっている-ロレスCEO
  • 一部項目を除いた1株利益もアナリスト予想上回る

米パソコンメーカー、HPインクの5-7月(第3四半期)の売上高と利益はアナリストの予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うリモートワークやオンライン学習の広がりでパソコン需要が急増したことで恩恵を受けた。

  27日の発表資料によると、売上高は143億ドル(約1兆5200億円)、一部項目を除いた1株利益は49セント。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は売上高133億ドル、1株利益43セントだった。

  8-10月(第4四半期)の1株利益は50-54セントとの見通しを示した。アナリスト予想は50セント。2020年10月通期のフリーキャッシュフローは25億-30億ドルになると見通しも示した。

  HPのエンリケ・ロレス最高経営責任者(CEO)は、同社のノートパソコンが新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の中で不可欠なものになっていると指摘。「1世帯1台ではなく、1人1台」持つようになっているとインタビューで指摘した。

原題:Dell, HP Results Top Wall Street Estimates on Pandemic PC Demand

HP Tops Wall Street Sales Estimates on Rising PC Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE