コンテンツにスキップする

TikTok買収にウォルマート参戦、マイクロソフトと共同で

更新日時
  • 米事業売却は近く合意がまとまる可能性-関係者
  • マイクロソフト・ウォルマート連合による提案が最有力候補-報道

米小売り大手ウォルマートは米マイクロソフトと手を組み、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の共同買収を目指す計画を表明した。ウォルマートがテクノロジーとメディアで存在感を高め、若い消費者を取り込みたい意向をうかがわせる動きだ。両社はすでにティックトック買収の意向を表明している米オラクルと競う。

  事情に詳しい関係者によると、オラクルおよびマイクロソフト・ウォルマート連合による買収提案のいずれかは、近く合意に至る可能性がある。ただ、最終的な詳細を詰める作業には時間がかかる見通しだという。交渉について公に話す権限がないとして関係者1人が匿名を条件に語った。

  ティックトックとマイクロソフトはコメントを差し控えた。オラクルにもコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。ウォルマートは電子メールを通じ、マイクロソフトと「連携」していることを確認。両社の買収提案は「米国のティックトック利用者のニーズに応えつつ、米規制当局の懸念も払拭(ふっしょく)するものだ」と述べた。

  ウォルマートは今回の動きについて、同社のサードパーティーオンライン販売事業や、立ち上げて日が浅い広告部門の成長を促す可能性があると説明。ダグ・マクミロン最高経営責任者(CEO)はこれまでに、両部門を成長させたいと述べてきた。ウォルマートはマイクロソフトのクラウドサービス「Azure(アジュール)」を全社で使用しており、両社間にはすでに協力関係がある。27日の米株式市場でウォルマートの株価は一時6.6%上昇した。

  米紙ウォールストリート・ジャーナルは27日、事情に詳しい関係者の話として、ティックトックの親会社である中国のバイトダンス(北京字節跳動科技)がティックトック米事業の売却に300億ドル(約3兆2000億円)を求めていると報じた。同買収を巡っては、マイクロソフト・ウォルマート連合による提案が最有力候補だが、ティックトック側とは価格面で大きな隔たりがあるという。

kevin mayer GETTY sub

ケビン・メイヤー氏

  トランプ大統領は今月に入り、国家安全保障への脅威を理由にティックトックの米国事業を90日以内に売却するよう命じていた。ティックトックを率いて3カ月に満たないケビン・メイヤーCEOの26日の辞任も、事業売却の合意が近いことをうかがわせる動きだ。

  ブルームバーグが内容を確認した従業員向けメモでメイヤー氏は「過去数週間で政治環境が急激に変化する中、会社の構造にどんな変化が必要か、それが私の目指したグローバルな役割にどんな意味があるのか大いに熟考した」と述べた。

  ティックトックの米国と欧州の従業員に対して幹部は27日のミーティングで、今後数週間以内により詳細な情報が明らかになると伝えた。同社をよく知る関係者が明らかにした。

  アナリストや金融機関は、ティックトック米国事業の価値を200億-500億ドルと見積もっている。  

関連記事
オラクルがTikTok買収案提示、株・現金200億ドル-ザ・ラップ
TikTok売却近日中に発表も、200億-300億ドル規模か-CNBC
アルファベット、ティックトック買収提案に参加検討していた-関係者
TikTok技術者、米事業閉鎖に備え対応策を検討-ロイター

原題:Microsoft, Walmart Offer Joint TikTok Bid, Vying With Oracle (2)Walmart Joins Microsoft in Pursuit of Deal to Acquire TikTok (1)、TikTok Asking $30B for Its U.S. Operations: Dow Jone(抜粋)

(各買収提案についての関係者コメントなど追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE