コンテンツにスキップする

米中古住宅販売成約、7月は2005年以来の高水準-市場予想上回る

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が27日発表した7月の中古住宅販売成約指数は市場予想以上に伸び、2005年以来の高水準に達した。借り入れコストが当面低い水準にとどまると予想される中、住宅市場の急ピッチの回復が続くことを示唆した。

キーポイント

  • 7月の中古住宅販売成約指数(季節調整済み)は前月比5.9%上昇し122.1と、05年以来の高水準
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は2%上昇
    • 6月は前月比で15.8%上昇していた
  • 前年同月比(季節調整前)では15.4%上昇
Contracts to buy existing U.S. homes hit highest level since 2005

インサイト

  • 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)到来後に急落した販売成約指数の反発は、回復途上にある米経済で住宅市場が引き続き力強く推移していることを示す
  • NARチーフエコノミストのローレンス・ユン氏:
    • 「住宅市場には引き続き買い手がしっかり戻っており、われわれは真のV字型回復を目の当たりにしている」
    • 「在庫不足が依然として問題だ」と不動産仲介業者は話している

詳細

  • 販売成約指数は全米4地域の全てで上昇。北東部が25.2%、西部が6.8%、中西部が3.3%、南部が0.9%それぞれ伸びた
  • NARは2020年の中古住宅販売件数予想を540万戸と、6月予想の518万戸から引き上げた
  • 統計表

原題:U.S. Pending Home Sales Top Forecasts, at Highest Since 2005(抜粋)

(指標の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE