コンテンツにスキップする

ロールスロイス、上期は過去最大の赤字-資産売却で資金確保へ

航空機用エンジンメーカー、英ロールスロイス・ホールディングスが27日発表した今年1-6月(上期)決算は過去最大の赤字だった。新型コロナウイルス危機で多くの旅客機が運航停止を余儀なくされたことが影響した。低迷期を乗り切るため同社は資産売却計画を明らかにした。

  税引き前損失は54億ポンド(約7560億円)。売り上げが縮小する中で為替ヘッジの費用がかさんだほか、主力のジェットエンジン部門の評価損が赤字を増大させた。

  ロールスロイスは資産売却によって1年半以内に少なくとも20億ポンドを調達したいと考えている。具体的にはスペイン部門ITPエアロを手放す可能性が高い。

  同社は拠点閉鎖や人員削減も進めており、ウォーレン・イースト最高経営責任者(CEO)によれば、想定している9000人の削減のうちすでに4000人を削減した。

原題:Rolls-Royce Posts $7 Billion Loss as Crisis Roils Jet Demand (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE