コンテンツにスキップする

南アフリカGDP、4-6月は前期比年率40.1%減-中銀暫定値

南アフリカ共和国の4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は、前期比年率40.1%減となったもようだ。南アフリカ準備銀行(中央銀行)が指摘した。

  金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.25ポイント引き下げた7月の会合で、この暫定値を参照した。同中銀が電子メールで問い合わせに回答した。6月29日公表の年次報告書では32.6%減と予想していた。4-6月の経済成長の落ち込みは、少なくとも1990年以来の大きさとなる。

原題:S. Africa Central Bank Sees GDP Shrinking 40.1% in Quarter Two(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE