コンテンツにスキップする

金相場はハイテク株より大きなバブル-6.7兆円運用のカリヨン

  • 金価格はファンダメンタルズから乖離-カリヨンのオートン氏
  • 適切に分散して株式のオーバーウエートを推奨

カリヨン・タワー・アドバイザーズのポートフォリオスペシャリスト、マット・オートン氏は、今年の金価格高騰を批判的に見ている数少ない1人だ。同氏は金相場を巡る盛り上がりで、ハイテク株よりも大きなバブルになっていると指摘する。

  ハイテク株に「かなり強気」なオートン氏は、金価格がファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)から乖離(かいり)していると考えており、こうした資金フローは、「金への熱意や臆測の大きさの表れ」だとインタビューで述べた。カリヨンはフロリダ州セントピーターズバーグに拠点を置き、運用資産は630億ドル(約6兆6800億円)余り。

  オートン氏は「誰もがハイテク株のバブルについて話すが、テクノロジー株が上昇しているのは、これらの企業の多くがコロナ禍で市場シェアを伸ばすことができているからだ」と指摘。ハイテク企業は高収益で、成長見通しも高めだと述べた。一方で金利低下やドル安など、安全資産投資を促してきたリスク要因が弱まれば金相場の上昇は「完全に阻まれる」可能性があると述べた。

  同氏は投資家に、金投資よりも分散投資でヘッジするよう推奨。必要なときに再投資できるように一部現金を「何らかの短期資産の形で」保持すべきだとし、「戦略的資産配分」で適切に分散して株式をオーバーウエートとすることを勧めた。

原題:
Gold Is Bigger Bubble Than Tech, Says $63 Billion Asset Manager(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE