コンテンツにスキップする

安倍首相は任期全うへ、体調は「変わらない」-菅官房長官

更新日時
  • 体調は安倍首相自身が説明する見通し-2週連続の病院受診
  • 「ポスト安倍」は1年先の話、自身は「全く考えたことはない」

菅義偉官房長官は、健康不安説が出ている安倍晋三首相の体調について、「変わらないと思う」と述べ、自民党総裁の任期である来年9月まで職務を全うするとの見通しを示した。そのための体力や気力も「大丈夫だ」と語った。

  菅氏は27日のブルームバーグとのインタビューで、安倍首相の体調について、「1日2回程度お会いするが、変わらない」と指摘。今後、任期を全うするかについては、「もちろんそうだ」と強調した。15日からの短い夏休みを取った後から、体調が好転したと見る人が周辺では多いとの印象も語った。

  首相は17、24日と2週連続で東京・信濃町の慶応大病院を訪問。17日は日帰り検診を受け、24日は前回の検査結果を詳しく聞くとともに、追加的な検査を行ったと説明している。24日の検査の後、安倍首相は「体調管理に万全を期して、これからまた仕事を頑張りたい」と政権運営への意欲を示している。

  自身が「ポスト安倍」の1人とされることに関して菅氏は、「何回聞かれても、全く考えたことはない」とした上で、「まだ1年もある話だ」と述べた。

Japan Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga Interview

インタビューに答える菅官房長官

  安倍首相については、麻生太郎財務相が17日、147日間連続で働いており、「体調は147日休まず連続で働いたら普通だったらおかしくなる」と語った。そのうえで、「健康管理も仕事の一つ」として、安倍首相に休みを取るように進言したことを明らかにしていた。

  菅氏は、首相が休暇を取らなかったことについて、「コロナで国民が大変な思いをしている時に、自分も一緒に戦いたいという思いだった」と説明した。

  菅氏は、安倍首相自身が体調について説明する必要性については、「そういうことになるんだろう」と述べた。NHKなど報道各社は、首相は28日に首相官邸で記者会見する方向で調整しており、新型コロナウイルス対策について説明するとともに、自身の健康状態についても言及するとみられると報じている。  

  安倍首相は、首相官邸での本格的な記者会見は6月18日以降開いておらず、8月6、9日に広島と長崎の原爆の日に合わせ、現地で短い会見を開催しただけだった。

(インタビューの詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE