コンテンツにスキップする

ボウマンFRB理事、景気回復ペースは依然として不確実

米連邦準備制度理事会(FRB)のボウマン理事は、米景気回復の見通しは依然として「極めて不確実」との認識を示した。

  ボウマン理事は26日に公表した講演テキストで、「経済はここ数カ月に著しく回復した。それでも経済はまだ、正常化には程遠い」と指摘。回復のペースと強度は「国内全般に多様になる公算が大きい。州・地方政府の決定に大きく左右される」との見方を示した。

  講演はカンザス・バンカーズ・アソシエーション主催のオンラインイベント向けのもので、FRBの講演予定には掲載されていなかった。

  同理事は、コミュニティー銀行と地域銀行は「信用供与を続け、米国の回復を支える上で重要な役割を果たす良好な状態に依然としてある」と付け加えた。

原題:
Fed’s Bowman Says Pace of Economic Recovery Remains Uncertain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE