コンテンツにスキップする

アップルが新型コロナ接触者追跡ソフトの初期版リリース-アプリ不要

A customer views an Apple iPhone X.
A customer views an Apple iPhone X. Photographer: Michael Short/Bloomberg
A customer views an Apple iPhone X.
Photographer: Michael Short/Bloomberg

アップルは26日、「iPhone(アイフォーン)」ユーザーが公衆衛生アプリをインストールすることなく、同社の新型コロナウイルス感染症(COVID19)接触者追跡システムを承諾に基づくオプトイン方式で利用できるソフトウエアの初期版をリリースした。

  最新基本ソフト「iOS 13.7」のベータ版は、一般にリリースする前のソフトウエアアップデートのテストに参加を申し込んだ人が利用できる。

  アップルは参加者向けの発表文で新システムについて、「アプリをダウンロードする必要なくCOVID19接触者通知システムにオプトインできる」と説明。「システムを利用できる度合いは、ユーザーの地元公衆衛生当局からの支援に左右される」と付け加えた。

  同社は5月に接触者追跡システムをグーグルと共に導入したが、当初のバージョンはアプリをダウンロードする必要があり、その手間でユーザーによる利用を制限する恐れがあった。アップルとグーグルが「フェーズ2」と呼ぶ最新アップデートはそのステップを省く。

原題:
Apple to Let IPhones Use Contact Tracing Without Installing App(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE