コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は2週ぶり高値に上昇、ドイツ債利と英国債が下落

26日の欧州株は上昇。2週間ぶりの高値をつけ、主要な抵抗線を突破した。ドイツが雇用維持対策の延長を決めたことが材料視された。中央銀行当局者が出席するカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウム(ジャクソンホール会合)が27日に始まる。

  ストックス欧州600指数は0.9%高。相場は2週間ぶりに200日移動平均を上回った。ドイツのDAX指数は1%高。同国は数百万人の労働者を失業から守った雇用対策の延長を決め、100億ユーロ(約1兆2550億円)前後を追加拠出する。

  業種別ではテクノロジー株が買われた。米セールスフォース・ドット・コムの四半期利益が市場予想を上回り、同社の株価が値上がりしたことに反応した。一方、エネルギー株は下落。ハリケーン「ローラ」が米メキシコ湾岸に迫っており、米国内有数の製油所が数カ月にわたって操業停止を迫られる恐れがある。

The rebound in European stocks has stalled in recent weeks

  欧州債市場ではドイツ債の利回り曲線がベアスティープ化を強めた。英国債は軟調だった。

  ドイツ30年債利回りは最大4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して0.05%と、7月6日以来の高水準となった。

  イタリア債は総じて変わらず。10年債のドイツ債とのイールドスプレッドは3bp縮小して143bpとなった。

  英国債はベアスティープ化。パフォーマンスはドイツ債、米国債を下回った。

  ドイツ10年債利回りは2bp上昇してマイナス0.41%、フランス10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.12%。イタリア10年債利回りは1bp下げて1.02%。

原題:German 30-Year Yield Climbs to 7-Week High; End-of-Day Curves(抜粋)

European Stocks Hit Their Highest Closing Level in Two Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE