コンテンツにスキップする

モデルナのワクチン、治験で中高年層の免疫システムに効果発揮

更新日時
  • より年齢の低い成人と同等レベルの中和抗体を生成-株価は急伸
  • 「重要な出来事」とCEO-治験結果は米CDCの諮問委に提出

米バイオテクノロジー会社のモデルナは26日、新型コロナウイルスワクチンの第1相臨床試験に基づく新たな安全性データを公表し、中高年層の免疫システムに効果を発揮することが初めて証明されたと明らかにした。

  同社の発表資料によれば、この試験で比較的年齢の高い被験者に「一貫して高いレベル」の中和抗体が生成された。55歳を超える年齢の被験者の抗体レベルは、より年齢の低い成人と同等だったという。比較的年齢の高い被験者20人のデータを含むモデルナの治験結果は、米疾病対策センター(CDC)の予防接種実施に関する諮問委員会に提出された。

  26日の米国株式市場でモデルナの株価は急伸し、6.4%高で終了した。

  モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)はインタビューで、中高年層に関する今回の結果は「重要な出来事だ」と評価。第3相試験の被験者として9月までに3万人を登録する方向で「万事順調に進んでいる」と語った。

Inside A Moderna Therapeutics Lab As $5 Billion Startup Made Cancer Vaccine For One

モデルナのバンセルCEO

原題:Moderna Vaccine Produces Antibodies in Trial of Older People (1)(抜粋)

(株価動向を更新し、CEOコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE