コンテンツにスキップする

中国が米国に歩み寄り、米上場の中国企業監査で-証監会の副主席

米国に上場する中国企業の監査を巡って米中が対立している問題で、中国証券監督管理委員会(証監会)幹部は、一部の中国国有企業の監査容認を提案し、歩み寄りの姿勢を示していることを明らかにした。

  証監会の方星海副主席は26日に北京で行ったインタビューで、中国は監査問題を巡る膠着(こうちゃく)状態を「心から」解消したいと考えていると発言。金融市場の懸念材料の一つとなっている、この長年にわたる問題の解決に向け、米国側に直接交渉を求めていると話した。

  米当局は同国上場の中国企業の監査調書を入手できるよう、ここへきて圧力を強めている。要求が通らない場合は、アリババ・グループ・ホールディングや百度(バイドゥ)などが米国で上場廃止となる可能性もある。

  方副主席は証監会が今月、米公開会社会計監督委員会(PCAOB)に新たな提案書を送付したと述べた。米当局が中国国有企業を任意に選び出して監査を試行する内容だという。

  同副主席はその一方で、国家安全保障への懸念を理由に一部の情報を編集する必要性を強調し、それは国際的な慣行だと指摘した。

原題:
China Makes Concessions in Call for Talks on U.S. Audit Standoff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE