コンテンツにスキップする

バンガード、日本と香港のオンショア業務から撤退-人員削減へ

米資産運用会社バンガード・グループは、日本と香港のオンショア業務から撤退すると発表した。香港のスタッフは一部削減対象となるが、それ以外の雇用は当面維持される。

  バンガードは香港上場投資信託(ETF)とマンダトリー・プロビデント・ファンド、インデックストラッキング・コレクティブ・インベストメント・スキームのプラットフォームから手を引く。

  香港業務はバンガードが重点を置く個人投資家ではなく、機関投資家を中心に対応。バンガードにとって香港は重要な国際資本市場であり続けると同社は説明した。

  日本でも今後は金融商品の積極的な売り込みなどは行わないという。

原題:Vanguard to End Presence in Hong Kong, Japan With Job Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE