コンテンツにスキップする

米財務省、ベトナム通貨が対ドルで約4.7%過小評価と認定-ロイター

米財務省はベトナム通貨ドンについて、2019年に対ドルで約4.7%意図的に過小評価されていたと認定した。商務省に25日送付された最新の通貨バリュエーション評価を引用し、ロイター通信が伝えた。

  ロイターによれば、財務省はドンの過小評価に関して、「為替レートに対する政府の行動」の結果だと指摘。同国がベトナム国家銀行(中央銀行)などを通じて、19年に220億ドル(約2兆3400億円)の外貨を買い入れ、ドンの実質実効為替レートを3.5-4.8%押し下げたと主張した。

  通貨バリュエーション評価は、米国がベトナムから輸入する車両用タイヤを巡る商務省の反補助金調査に関係しているという。

原題:U.S. Says Vietnam Undervalued Currency in 2019: Reuters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE