コンテンツにスキップする

カンザスシティー連銀総裁、インフレ率が2%目標上振れでも反対せず

  • ジョージ総裁はインフレに対するタカ派の1人として知られる
  • インフレよりもディスインフレのリスクを懸念-インタビュー

米カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、物価圧力が強過ぎとなるよりも弱過ぎとなるリスクの方が大きいとの認識を示し、インフレ率が2%の当局目標を多少上回ったとしても反対しないと述べた。ジョージ総裁は連邦準備制度の中でインフレに対して最もタカ派的姿勢の当局者の1人として知られる。

  ジョージ総裁は26日放送のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「私は2%を上限と考えたことは決してなく、何がインフレ期待を安定的につなぎ留めるかだけにずっと集中的に取り組んでいる」と指摘。27、28日に同連銀主催で開催される年次シンポジウムを前に語ったもので、「コミュニケーションの観点から、当局の目標達成に向けもっと成果を上げるのに役立つ種類の話をわれわれはするだろう」とコメントした。

  新型コロナウイルス感染拡大を受けてオンライン形式で開かれる今年のイベントでは、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が米東部時間27日午前9時10分(日本時間同午後10時10分)から、連邦準備制度が進めている金融政策運営の枠組み見直しについて講演する予定だ。

  パネリストや講演者の詳細なリストは26日夜まで公表されないが、ジョージ総裁は今年のテーマに関し、「低金利や低成長、政策策定プロセスに対する不確実性の影響、パンデミック(世界的大流行)で増幅されたそれら全ての事柄」が含まれると説明した。総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

PCE inflation has consistently undershot the Fed's target

原題:Fed’s Top Inflation Hawk Isn’t Opposed to Overshooting 2% Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE