コンテンツにスキップする

データマイニングの米パランティア、直接上場を申請

資産家ピーター・ティール氏が共同創業した米データマイニング会社パランティア・テクノロジーズは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に直接上場を申請した。

   25日の米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、ティッカーコードは「PLTR」。パランティアは上場による資金調達を行わず、従来の引受会社は利用しない。

  ティール氏は2003年にパランティアを共同で創業。同社は中央情報局(CIA)、国防総省、国土安全保障省、内国歳入庁(IRS)など米政府機関のほか、デンマークや英国など外国の政府機関を顧客に持つ。

関連記事

原題:Palantir Files for Direct Listing With Tech IPOs Surging (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE