コンテンツにスキップする

HPエンタープライズの利益見通し、予想上回る-時間外で株価上昇

  • 8-10月と2020年10月通期の1株利益見通し、共に市場予想を上回る
  • 5-7月売上高5.5%減の68億ドル、1株利益32セント

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)が25日示した8-10月(第4四半期)と2020年10月通期(19年11月-20年10月)の利益見通しはいずれも市場予想を上回り、大掛かりなコスト削減の取り組みが奏功しつつあることが示された。

  発表資料によれば、8-10月期の一部項目を除く1株利益の見通しは32-36セント。アナリスト予想は32セントだった。通期については1.30-1.34ドルを見込んでいる。市場予想は1.20ドル。

  同社は5月、人員削減などの措置を通じて22年度末までに少なくとも10億ドルのコスト削減目標を打ち出していた。

  5-7月(第3四半期)の売上高は前年同期比5.5%減の68億ドル(約7200億円)。 ブルームバーグの集計データによると、アナリスト予想平均は60億8000万ドルだった。一部項目を除いた1株利益は32セントと、前年同期の45セントから減少したものの、市場予想平均の23セントは上回った。

  HPE株は時間外取引で一時5%上昇。通常取引の終値は3%安の9.33ドルと、年初来では41%下げている。

原題:
Hewlett Packard Enterprise Surprises With Positive Outlook (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE