コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
cojp

セールスフォース、5-7月決算が予想上回る-通期見通し上方修正

California Governor Sets Reopening Benchmarks With States Collaborating
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

顧客管理(CRM)ソフトウエアの米セールスフォース・ドットコムが25日発表した5-7月(第2四半期)決算では、売上高と利益がともにアナリスト予想を上回った。また通期の売上高見通しを上方修正。株価は時間外取引で一時12%余り急伸した。

  5-7月期の売上高は前年同期比29%増の51億5000万ドル(約5480億円)。アナリスト予想平均は49億ドルだった。一部項目を除いた1株利益は1.44ドル。投資利益(58セント)を除外した1株利益は86セントとなる。アナリスト予想は67セントだった。

  同社は発表文で、8-10月(第3四半期)の売上高が最大52億5000万ドルになると予想。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は50億ドルとなっている。

  セールスフォース株はこの日の通常取引では前日比3.6%高の216.05ドルで取引を終了。年初来上昇率は33%となった。

セールスフォースとアムジェン、ハネウェルをダウ平均銘柄に採用 (1)

原題:Salesforce Tops Forecasts, Raises Outlook on Software Demand (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE