コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/
prognosis

韓国スタバで発生のクラスター、マスク着用の店員は感染せず

  • 居合わせた他の顧客27人、数日後に検査で陽性反応
  • 今回の事例、屋内でのウイルス拡散を抑制する有効手段を明示
Inside A Starbucks Store And The "Returning Moms" Program Ahead Of International Women's Day
Photographer: SeongJoon Cho/

韓国北部の坡州市で今月、新型コロナウイルスに感染した女性がスターバックスの店舗を訪れた。居合わせた他の顧客27人は数日後、新型コロナ検査で陽性となった。だが4人の従業員は感染を免れた。従業員は全員、マスクを着用していた。

  今月8日に発生したこのクラスター(感染者集団)は、新型コロナウイルスが狭い屋内の空間でいかに急速に拡散し得るかを示す新たな事例だ。同時に、感染の可能性を最小限に抑える方法も明白にした。マスク着用の効果については依然、世界の保健当局者の間で議論の的となっているが、エアコンの効いたコーヒー店で発生した今回のクラスターは、新型コロナ拡散抑制の一助としてマスク着用を義務付ける重要性を裏付けている。

  昌原ファティマ病院で小児感染症を専門とする医師は、「この事例は、マスクが果たし得る役割について多くを語っている」と指摘。「マスクは100%保護してくれるわけではないかもしれないが、マスクほど有効なものは他にない」と語った。

  今回のスタバ店舗でのクラスター事例について、顧客らは店内で飲食していたことから常にマスクを着用してはいなかったと当局者らは想定していると、坡州市の報道官は説明。また天井に埋め込まれた空調設備により、2階に設置された同店舗の室内温度は低い状態に保たれていたとも指摘した。

原題:Starbucks Cafe’s Covid Outbreak Spared Employees Who Wore Masks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE