コンテンツにスキップする

ヨーク・キャピタル、NY市高層オフィスの40%縮小を検討

  • 新型コロナの影響で高級物件にオフィス構える必要性を見直し
  • 5番街GMビルのオフィススペース、転貸を検討-関係者

米ヘッジファンドのヨーク・キャピタル・マネジメントは、ニューヨーク市5番街のオフィススペースを約40%縮小する方向で検討している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を考慮し、同社は賃料の高い高層ビルにオフィスを構える必要性を見直している。

  ヨークはゼネラル・モーターズ(GM)ビルディングに構えるオフィスのうち、約2万平方フィート(約1860平方メートル)の転貸を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社が現在、GMビルの複数階に借りているオフィスの総面積は約5万平方フィート。ヨークの広報担当者はコメントを避けた。

原題:York Capital Seeking to Cut 40% of Space in NYC’s GM Building(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE