コンテンツにスキップする

アップルは「フォートナイト」直ちに復活させる必要ない-米連邦地裁

  • エピックの一部申し立ては受け入れ-加州オークランドの連邦地裁
  • 「アンリアルエンジン」巡る契約には違反せず-ロジャーズ地裁判事

米アップルが米エピック・ゲームズの人気ゲーム「フォートナイト」をアップストアから削除した問題を巡り、カリフォルニア州北部地区の連邦地裁は24日遅く、同ゲームをアップルが直ちに復活させる必要はないとの判断を示した。

  ただ、同地裁のイボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事は、エピックのグラフィック技術「アンリアルエンジン」が他のアプリ開発者向けに提供されるのをアップルが制限するのを差し止めるよう求めたエピックの申し立ては受け入れた。

  訴訟の発端はエピックが13日、フォートナイト用のアイテムをアップストアを介さずに直接購入できるようにすると発表し、アップルがその後、フォートナイトを同ストアから削除したことにある。アップストアを通じて徴収する30%の手数料を巡り、アップルは一部開発会社から批判を受けている。

  ロジャーズ判事はエピックがフォートナイト関連のアイテム購入に関しアップルとの合意内容を破ったとしたものの、アンリアルエンジンと開発者ツールについての契約違反は一切ないとし、アンリアルエンジンを制限することで「アップルは厳しい行動を選択」し、エピックの技術プラットフォームを利用する第三者の開発者に不利益を与えたと指摘した。

  今回の地裁判断について、アップルから今のところコメントは得られていない。エピックにコメントを要請したが、現時点で返答はない。

  ロジャーズ判事はこの日の仮命令は最終判断を方向付けるものではないとし、エピックからの申し立てを巡り9月28日に審理を開くと述べた。  

関連記事

原題:Apple Defeats Epic’s Effort to Restore Fortnite on App Store (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE