コンテンツにスキップする

中国の大手銀行、数万人採用へ-新卒者870万人では「焼け石に水」

  • 政府の要請に応え大手行は新卒者の採用を強化
  • 卒業年齢層(20-24歳)の失業率は7月時点でも約20%で推移

中国の労働市場が記録的な数の新卒者を迎える中で、大手銀行が新卒採用を強化している。減益や不良債権増大に見舞われている銀行だが、他の国有企業と共に雇用拡大の一角を担う。

  中国工商銀行など4大国有銀行は今月、学生を対象にした秋の採用活動を始めた。例年の開始時期は11月だった。 中国建設銀行は今年、1万6000人の卒業生を採用し、昨年の1万3000人から増やす方針だ。中国銀行の広告によれば、同行は1万人余りと、採用を15%拡大。中国農業銀行は春季の活動ですでに4500人を採用している。

  交通銀行の調査研究所アナリスト、唐建偉氏(上海在勤)は、「雇用を守るという政府の呼び掛けへの直接的な対応だ」と指摘。「利益圧迫に直面している大銀行だが、事業展開には人材が引き続き必要だ。また、社会的責任を果たすことは重要だ」と述べた。

関連記事

  景気を支えたい中国政府の大手行への指示は、大卒者の採用だけではない。中小企業向け融資や金利を引き下げて利益を抑えること、巨額の問題債権に対する猶予・救済策に加え、直近では国有の大手金融グループに対し給与を減らすよう圧力を強めている。

CHINA-ECONOMY

河南省鄭州での人材採用フェア(2020年7月)

撮影:ゲッティイメージズ経由の王趙/ AFP

  4大銀行は計160万人を雇用しており、建設銀の採用計画だけでも、欧米最大級の銀行による今年1-6月期の増員数合計に迫る。ウェブサイトによると、中国の銀行で求められている人材は主に顧客サービスやウェルスマネジメント、情報技術関連。工商銀と農業銀、建設銀、中国銀の担当者はコメントを控えた。

  ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で内需や輸出が急減し、ここ数十年で最も暗い雇用見通しに向き合う870万人という過去最高の新卒者がいる中では、こうした大手行による数万人の採用も焼け石に水だ。

  都市部の失業率は感染拡大が極めて厳しかった2月に過去最悪を記録。最近は低下しているものの、国家統計局によれば、卒業年齢層(20-24歳)の失業率は7月時点でも約20%で推移している。

Pay Gap

Financial sector is the third best-paid in China

Source: National Bureau of Statistics

原題:China’s Banks Hire Tens of Thousands in Latest Rescue Mission(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE