コンテンツにスキップする

米郵政公社総裁、トランプ氏の郵便投票への攻撃は「有益ではない」

米郵政公社のデジョイ総裁は24日、トランプ大統領の選挙陣営に対し、大統領による郵政公社や郵便投票に対する攻撃が同公社に悪影響を及ぼしていると伝えたと、下院監視・改革委員会の公聴会で証言した。

  デジョイ総裁は、郵便の遅延やサービス削減に関する公聴会での質問に対し、「私はさまざまな人にこれが有益ではないと伝えた」と答え、 「選挙陣営に関係している友人に話をした」と述べた。

Postmaster General DeJoy Testifies Before House Oversight Committee

米郵政公社のデジョイ総裁(8月24日)

  デジョイ総裁は、郵政公社には郵送された投票用紙を迅速に配達するのに十分な資源があると主張。選挙の安全性は主に地方の選挙当局の責任だが、「米郵政公社が不正に関わることは一切ない」と強調した。

備考:トランプ米大統領、郵便投票は不正につながるとあらためて指摘

原題:
Postmaster DeJoy Says Trump Attacks on Mail ‘Not Helpful’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE