コンテンツにスキップする

8月24日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株は最高値更新、新型コロナ治療を楽観-米国債下落

  24日の米株式相場は続伸し、過去最高値を更新した。トランプ米政権が通常より速いプロセスで新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の承認を優先するとの期待が、株価を押し上げた。米国債相場は下げた。

  • 米国株、S&P500種が最高値更新-ワクチンと治療薬への期待で
  • 米国債、10年債利回り0.65%-25日からの入札注目
  • NY外為、ドル全面高-106円に迫る
  • NY原油先物は反発、2つの暴風雨接近で
  • NY金先物は反落、逃避需要薄れる-コロナ治療や景気回復期待で

  ウイルスが経済成長を妨げることはないとの楽観が広がり、S&P500種株価指数は連日の最高値更新となった。経済再開の勢いが強まるとの期待から、カーニバルやユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスが急伸。コールズやギャップも大きく上げた。カジノや自動車、建築関連にも買いが入った。S&P500種のセクター別ではヘルスケアだけが下落した。

  S&P500種は前営業日比34.12(1%)高い3431.28。ダウ工業株30種平均は378.13ドル(1.4%)上昇の28308.46ドル。ナスダック総合指数は0.6%上昇した。

  ヘネシー・フォーカス・ファンドの共同ポートフォリオマネジャー、デービッド・レイニー氏は「市場は来年に向けて順調に進んでいる。ワクチンや複数の治療薬のほか、政府が景気支援を継続する見通し、労働者の復職と学校再開への期待だ」と述べた。

  投資家の関心は、27日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演に向けられている。パウエル議長はFRBがかねて取り組んでいる金融政策の枠組み見直しについて話す予定。見直しでは新たなインフレ戦略に重点が置かれている。

  外国為替市場では、ドルが主要10通貨に対し軒並み上昇。ユーロは一時上昇したものの、重要経済統計を前に下げに転じた。カナダ・ドルも安い。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、ニューヨーク時間午後5時前の時点で0.1%上昇。一時は0.4%下げる場面もあった。ドルは対円で0.2%高い105円99銭。25日には輸入勢の需要が顕在化するとみられている。ユーロは対ドルで0.1%安い1ユーロ=1.1787ドル。一時は0.5%上げていた。

  米国債相場は下落。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の0.65%。25日からの2・5・7年債入札(合計1480億ドル)を控え、この日は7-10年債が特に下げた。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。米メキシコ湾岸にほぼ同時に迫っている2つの熱帯性暴風雨により沖合の石油関連施設で生産が停止されたのを受け、買いが膨らんだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は28セント(0.7%)上げて1バレル=42.62ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント10月限は、78セント高い45.13ドル。 

  ニューヨーク金先物相場は反落。新型コロナウイルス感染症の治療に対する期待や景気回復の兆候を受け、安全資産としての魅力が薄れた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.4%安の1オンス=1939.20ドルで終了した。

原題:Stocks Climb to All-Time Highs Amid Treatment Hope: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Rebounds as Euro Reverses Gain, Loonie Slips: Inside G-10(抜粋)

Treasuries Fall, Led by 10-Year, as Stocks Ascend to Records(抜粋)

Oil, Natural Gas and LNG Threatened by Strengthening Storm Laura(抜粋)

Gold Rally Sputters With Bets on Vaccine, Economies Denting ETF(抜粋)

◎欧州市況:株は急反発、2週間ぶり大幅高-ドイツ債は下落

  21日の欧州株は反発。ストックス欧州600指数は2週間ぶりの大幅高となった。米中の緊張緩和の兆しや、トランプ米大統領が新型コロナウイルスワクチンの早期承認を目指していると伝わったことが相場を後押しした。

  欧州600指数は1.6%高で終了。エネルギーや自動車、化学、銀行などシクリカル銘柄を中心に幅広く買われた。北海ブレント原油先物価格が1バレル=45ドルに近づき石油株が上昇した一方、欧州の新型コロナ感染者数の増加が嫌気されて不動産と旅行・レジャーが下落した。

  ナティクシス・インベストメント・マネジャーズのグローバル市場戦略責任者、エスティー・ドウェク氏は「多くの要因が欧州株を支えるはずだ」としつつ、「他市場をしのぐほどの上昇を果たすには、欧州株は十分に力強い材料を欠いているかもしれない。そのような状況になるとすれば米テクノロジー業界が相場のけん引役でなくなることが必要だが、中期的にその公算は小さそうだ」と語った。

  欧州債市場ではドイツ債が下落。先物の出来高が少ない中で、安全資産への買いが巻き戻された。イタリア債はほぼ変わらずだった。

  ドイツ10年債先物の出来高は20日平均の約80%にとどまった。ドイツのクキース財務次官は9月に10年物グリーンボンドを40億ユーロ発行し、年間のグリーンボンド発行総額は約110億ユーロに達すると発表した。

  英国債は全年限で小幅に上昇した。  

原題:Bunds Pare Declines, Italian Bonds Steady; End-of-Day Curves、European Equities Close Higher on Easing Tensions, Vaccine Hopes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE