コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

新型コロナウイルス再感染が初めて確認、香港の男性-2つの変異型に

A lab technician processes RT-PCR Covid-19 tests at Prenetics Ltd.'s laboratory in Hong Kong, China on Friday, July 31, 2020. Prenetics, along with other Hong Kong labs and hospitals, has been overloaded with people seeking virus tests since the new wave emerged 18 days ago, Chief Executive Officer Danny Yeung said in an interview last month.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

4月に新型コロナウイルスに感染して回復した男性が、再び感染したことが確認された。研究者らによれば、数カ月以内の再感染が確認されたのは、世界で初めてのケースだという。

  情報技術(IT)業界で働くこの男性(33)は2回目の感染時に症状は全くなかったが、欧州から香港に今月戻った際の空港検査で陽性反応が出た。香港大学の研究者らがゲノム配列を解析したところ、男性は2つの異なる変異型に感染したことが判明。2回目に無症状だったのは、「2回目以降の感染は症状が軽くなる可能性」を示唆しているかもしれないと、研究者らは述べた。

  袁国勇氏ら研究者は24日、英医学誌「臨床感染症(CID)」に掲載が認められた論文の中で、「われわれの研究により、新型コロナウイルスが人々の間に長くとどまる可能性が示唆された」と指摘。「自然感染やワクチン接種を通じて免疫を獲得できたとしても」、流行が続く可能性があるとの見方を示した。

原題:
Hong Kong Reports First Coronavirus Re-Infection in IT Worker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE