コンテンツにスキップする

人気の観光地インドネシア・バリ島、今年いっぱい外国人客受け入れず

人気の高い観光地であるインドネシアのバリ島は、今年いっぱいは外国からの訪問客を受け入れない。従来は9月11日からの受け入れ再開を計画していたが、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないため延期した。

  バリ州のワヤン・コスター知事は発表文で、「われわれはまだ危険区域であり、年内は外国人観光客を受け入れることはできない。バリ島を含めインドネシアは外国人観光客の受け入れに適した状況ではない」と説明した。

  バリでは初期に感染封じ込めにある程度成功したものの、6月から感染者が増えた。政府によると、23日までで感染例は4513件、死者数は52人となっている。ジョンズ・ホプキンス大学のデータによれば、インドネシア全体では感染は15万件を超え、死者数は6680人に上っている。

原題:Tourist Hotspot Bali to Stay Closed to Foreigners (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE