コンテンツにスキップする

中国株のヘッジを探れ、米中関係悪化がまだ織り込まれず-ソシエテ

  • アジア株式戦略責任者らストラテジストが24日付リポートで指摘
  • 中国本土株の指標CSI300指数、年初来で16%上げている

米中間の貿易摩擦激化に備え、投資家は中国株のポジションでポートフォリオのヘッジを模索すべきだと仏銀ソシエテ・ジェネラルのストラテジストらが促している。

  アジア株式戦略責任者フランク・ベンジムラ氏ら同行のストラテジストは24日付のリポートで、新型コロナウイルス流行以後の米中関係悪化、特に今夏の展開を中国株式相場はまだ織り込んでいないと指摘。

  「本土の株式市場はほとんど反応していない」との認識を示し、「楽観的な市場の反応は関税引き上げが相場を軟化させた貿易戦争初期とは対照的だ」とコメントした。

Chinese shares have risen this year alongside tensions with the U.S.

  中国本土株の指標CSI300指数は年初来で16%上げている。

  ソシエテは中国株を戦略的にオーバーウエートとするポジションを勧めながらも、米国がテンセント・ホールディングス(騰訊)の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」への規制を他のソフトウエア・通信企業に拡大する場合に備え、テンセントやアリババグループ、百度(バイドゥ)などのテクノロジー銘柄を売り持ちとするヘッジを目指すことなどを投資家に呼び掛けた。

原題:Hedge Against Flare-Up in China Tensions With U.S., SocGen Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE