コンテンツにスキップする

シリアで天然ガスパイプライン爆発、テロの可能性も-国営通信

更新日時
  • 爆発により全土で停電-電力はその後徐々に復旧
  • 爆発はシリア南部に供給するパイプラインで発生-死傷者の報告なし
In this photo released by the Syrian official news agency SANA, flames rise from a gas pipeline that hit by an explosion, between the northeastern Damascus suburbs of Adra and Dumair, in Syria Monday, Aug. 24, 2020. 

In this photo released by the Syrian official news agency SANA, flames rise from a gas pipeline that hit by an explosion, between the northeastern Damascus suburbs of Adra and Dumair, in Syria Monday, Aug. 24, 2020. 

SANA
In this photo released by the Syrian official news agency SANA, flames rise from a gas pipeline that hit by an explosion, between the northeastern Damascus suburbs of Adra and Dumair, in Syria Monday, Aug. 24, 2020. 
SANA

シリアの首都ダマスカス近くで24日、主要な天然ガスパイプラインの爆発があり、同国全土で停電を引き起こした。国営シリア・アラブ通信(SANA)が伝えた。

  爆発はシリア南部に供給するアラブ・ガス・パイプラインで起き、死傷者の報告はない。一部の地域では電力が徐々に復旧しており、消火活動が行われている。

Gas Pipeline Blast

Arab Gas Pipeline hit by explosion near Damascus

Source: Central Intelligence Agency

  SANAはガーニム石油鉱物資源相を引用し、爆発はテロ攻撃によるものだった可能性があると伝えたが、詳細は明らかにしていない。

  全長1200キロメートルのアラブ・ガス・パイプラインはエジプトから天然ガスをシリアやレバノン、ヨルダンに運んでいる。SANAがハルブートリー電力相を引用して伝えたところによれば、同パイプラインのこの部分での爆発は6回目となる。

原題:Gas Pipeline Blast Near Damascus Cuts Power Across Syria (2)(抜粋)

(復旧や消火活動に関する情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE