コンテンツにスキップする

マイクロソフトはエピック支持、ゲーム技術巡るアップルとの係争

マイクロソフトは、アップルと対立しているゲーム開発会社エピック・ゲームズを支持している。

  エピックは24日、人気ゲームソフト「フォートナイト」のアプリをアップストアに復活させることをアップルに強制するよう連邦裁判所に求める見込み。アップルがエピックの開発者ツールを排除したり、他のアプリへの主要グラフィックス技術提供を制限したりすることも阻止するよう求める。

  「アンリアル・エンジン」として知られるエピックのグラフィックス技術は、3Dゲームなどを手掛ける多数の開発業者に使用されるソフトウエア・ツール。アップルの基本ソフト「iOS」や「Mac」向け開発ツールからエピックを排除すれば、アンリアル・エンジンを多くの開発者にライセンス供与できなくなると同社は訴えている。ゲーム機「Xbox」を手掛けるマイクロソフトは、同技術をゲーム機やPC、モバイル端末向けゲームで使用している。

  マイクロソフトでゲーム開発者エクスペリエンスのゼネラルマネジャーを務めるケビン・ギャミル氏は法廷への文書で、アップルの動きは「アンリアル・エンジンと、それを基にゲームを開発したか開発中か、今後開発する可能性のあるゲームクリエーターをかなり不利な立場に置く」と指摘。「さまざまなプラットフォーム向けに異なるゲームエンジンを使用してゲームを開発することはひどく高コストで難しくなる恐れがある」との見解を示した。

  アップルはカリフォルニア州オークランドの連邦地裁に対し、エピックの要請を退けるよう求めている。

原題:
Microsoft Backs Epic’s Apple Battle on Game Technology Access(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE