コンテンツにスキップする

米デルタ航空 、一部国際線で運航再開を計画-今年冬季から

デルタ航空は21日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客需要急減で運航を停止している国際線50便について、今年冬季と来年夏季シーズンに再開を計画していると発表した。

  新型コロナウイルス感染拡大の影響で国際線需要は大幅に減少。業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)によると、今月16日終了週の国際線旅客数は前年水準のわずか12%だった。デルタ航空は発表文で、国際線は米国内線より回復が遅れる見込みだとしている。

  デルタ航空は2021年夏季シーズンに、シアトルと東京、ソウル、北京、上海を結ぶ各路線をそれぞれ毎日運航するほか、他の米都市発の中国線で増便や路線の拡大を計画しているが、政府の承認待ちとなっている。

原題:Delta Sets Plans to Resume Some Global Flying Cut by Pandemic(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE