コンテンツにスキップする

米共和党大会が24日開幕、トランプ氏を正式指名-政権の成果強調へ

  • 有権者の評価を好転させるため見落とされた成果を主張する考え
  • 「素晴らしい仕事をしたが、それが認められていない」とトランプ氏

トランプ米大統領を2020年大統領選の共和党候補に正式指名する全国党大会が24日に開幕する。事前収録された演説、空っぽのホール、駐車場での花火打ち上げが効果的でないのは明らかだ。

  トランプ大統領はFOXニュースのショーン・ハニティー氏に対し、「録画ではかなり退屈だと思う。ライブでやる」と語った。

  トランプ氏は、ライブ演説や演説者を活気づける支持者の少数グループを少なくとも動員することにより、バーチャル会議が中心だった米民主党全国大会より良い印象を与えようとしている。いくつかのサプライズも思わせぶりに約束した。

  トランプ氏は、新型コロナウイルス感染拡大や人種不平等に対する全米抗議活動への対応で支持率が低下し、民主党大統領候補のバイデン前副大統領に世論調査で何カ月もリードを許している。憂鬱(ゆううつ)なニュースが絶えず流れるトランプ陣営にとって、お祭りの雰囲気づくりは特に難しくなる。

  26日のメリーランド州ボルティモアでのペンス副大統領の演説に続き、トランプ大統領は27日、共和党大統領候補指名の受諾演説をホワイトハウスから行う。有権者の評価を好転させることを期待し、見落とされた政権の成果を強調する考えだ。

  大統領は21日、保守系グループ「カウンシル・フォー・ナショナル・ポリシー」に向け、「われわれは素晴らしい仕事をしたが、やったことが認められていない。われわれは素晴らしい仕事をした」と訴えた。

原題:Trump Banks on Convention ‘Surprises’ to Dazzle Party Into Unity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE