コンテンツにスキップする

アップル、ワードプレスにアプリ内課金の追加義務付ける決定を撤回

  • この動きはアップルと開発者の緊張緩和に寄与する可能性
  • ワードプレスは30日以内にアプリ内課金機能の追加を通告されていた

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは22日、人気ブログプラットフォーム「WordPress(ワードプレス)」にアプリ内課金機能の追加を義務付ける決定を撤回した。同社がエピック・ゲームズと法廷闘争を繰り広げる中、この動きは開発者との緊張緩和に寄与する可能性がある。

  ワードプレスは21日、アップルから30日以内にアプリ内課金機能を追加するよう通告されたことを明らかにしていた。これが実現していたら、「WordPress.com」のプランがアプリを経由して購入された場合、そのうち30%をアップルに手数料として支払わなければならなかった。

  ワードプレスは以前からプランを購入する方法をアプリ内で提供せず、ウェブサイト上のみで提供していたため、アップルの要請に対しては開発者からオンラインで疑問の声が上がっていた。

  アップルの広報担当者は「当社はワードプレスのアプリに関する問題が解決されたと考えている。開発者がアプリからサービス支払いオプションの表示を削除したため、無料のスタンドアローン型アプリになり、アプリ内課金機能を提供する必要がなくなった」と説明した。

関連記事:アップル、エピックが「裏」取引求めたと反論-手数料巡る米裁判で

原題:Apple Reverses Move for WordPress to Add In-App Payments (2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE