コンテンツにスキップする

バイデン氏、大統領2期務める可能性排除せず-年齢巡る疑問「当然」

  • 自分とトランプ氏の年齢を考慮すれば疑問はもっともだとバイデン氏
  • バイデン氏当選なら78歳での就任-米大統領として過去最高齢に
バイデン前副大統領

バイデン前副大統領

Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg
バイデン前副大統領
Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

11月の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は自分とトランプ大統領の年齢を考慮すれば精神面の健康に関する疑問は「もっとも」だとの考えを示した。また、大統領に当選した場合、2期目を目指す可能性を排除しないと述べた。

  バイデン氏は23日夜に放送のABCニュースとのインタビューで、「大統領、私をよく見なさい」と述べた上で、「2人を見ていただきたい。われわれ2人が何を話し、何をし、何をコントロールし、何を知っていて、どのような状態にあるかを見ていただきたい。是非お願いしたい」と語った。

  バイデン氏はまた、2期務める可能性を排除しないかとの質問に、「もちろんそうだ」と答えた。同氏が当選した場合、78歳で就任することになり、大統領退任時に77歳だったロナルド・レーガン氏を上回り過去最高齢の米大統領になる。現在74歳のトランプ大統領が再選すれば、2期目の在任中にレーガン氏の記録を抜くことになる。

  トランプ大統領はバイデン氏のことを「頭が回っていない」「思考力が低下している」と揶揄(やゆ)してきた。

原題:
Biden Says He’s Open to Second Term Despite Age Questions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE