コンテンツにスキップする

アルファベット、TikTok買収提案に参加検討していた

  • アルファベットは投資部門経由で株取得検討-協議自体が立ち消えに
  • 将来的な買収提案参加の可能性は排除していないと関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米グーグルの親会社アルファベットは、中国企業が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の一部事業に買収提案するグループへの参加を検討したが、その取り組みはここ数日で立ち消えになった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者1人によると、複数の企業がティックトックに投資するコンソーシアムの設立を議論していた中、アルファベットも投資部門の1つを通じて少数の無議決権株式の取得を検討していた。

  コンソーシアムの主導権を握ったのはアルファベットではなかったという。どの米企業だったかは不明で、この取り組みが終了した理由も分からない。ただ、アルファベットは将来的に買収提案に参加する可能性を排除していないと関係者は匿名を条件に話した。

  アルファベットとティックトックの担当者はコメントを控えた。ティックトックを運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)のコメントは現時点では得られていない。

  マイクロソフトはティックトックの米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド事業の買収に向けて数週間前から協議している。オラクルやツイッターも潜在的な買い手として浮上している。ただ、これらの協議がどの程度進展しているのかは不明。買収交渉の事実を公式に確認したのはマイクロソフトのみ。

原題:
Alphabet Weighed Buying Small TikTok Stake as Part of Group Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE