コンテンツにスキップする

トランプ政権、英コロナワクチンの大統領選前の使用許可を検討-FT

  • アストラとオックスフォード大のワクチン緊急使用許可が選択肢
  • 選挙前にEUAが下されるとの指摘は「全く正しくない」-米厚生省

トランプ米政権は、英国で開発中の新型コロナウイルスワクチンが米国内で大統領選前に実用化されるよう、通常の米規制基準を迂回(うかい)することを検討している。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じたもので、計画について報告を受けた関係者3人からの情報を引用している。

  検討されている選択肢の一つは、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発しているワクチンについて、英国での比較的小規模な試験が成功すれば、それに基づいて米食品医薬品局(FDA)が10月に緊急使用許可(EUA)を出すという内容。

  FDAを監督する米厚生省の報道官はFTに対し、選挙前にEUAが付与されるとの指摘は「全く正しくない」とコメント。米政権は2021年1-3月(第1四半期)までにワクチンが開発されると期待しているとした。

  FTによると、メドウズ大統領首席補佐官とムニューシン財務長官は民主党指導者に対し、トランプ政権がワクチン実用化を迅速化させることを検討していると伝えた。ムニューシン長官の報道官は長官が「アストラゼネカについて何らコメントしていない」とし、ワクチン候補に関するいかなる決定もFDAが下すものだと考えているとした。

  アストラゼネカの広報担当者はFTに対し、「米政府と緊急使用許可について協議していない」とし、「そうした可能性についての臆測は時期尚早だ」とコメントした。FTによると、1万人参加のアストラゼネカの試験は、EUAを正当化するには規模が小さ過ぎる可能性がある。

  ホワイトハウスはFTに対しコメントを控えた。

原題:
Trump Mulls Fast-Tracking U.K. Covid Vaccine Before Election: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE