コンテンツにスキップする

中国、金融ハブとしての香港を支援と表明-米国との緊張高まる中

中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は22日、金融ハブとしての香港を支援すると表明し、中国の金融セクター開放に向けたコミットメントをあらためて強調した。

  同委はウェブサイトに掲載した声明で、香港で事業を展開し、規制に従いながら住民や企業にサービスを提供している金融機関に対し支援を提供するとした。

  香港に拠点がある世界的な金融機関は、米国と中国の緊張の高まりが両国による制裁合戦を引き起こす中で、綱渡りするような厳しい対応を迫られている。

関連記事

香港政府は「断固反対」-米の犯罪人引き渡し条約停止など非難

中国の銀行、香港当局者への米制裁措置に対応-関係者

報道の自由奪われた香港、世界の金融センターとしての評判も失墜か

トランプ政権と応酬続く中国、緊張緩和望むシグナルも発信

原題:
China Vows Support for H.K. as Financial Hub Amid U.S. Tensions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE