コンテンツにスキップする

英国との合意、現段階では公算小さい様子-バルニエEU首席交渉官

  • 英国とEU、今週の協議はほとんど進展なかったとの認識
  • 英国は独自作成の最終合意案提示も、EUは抵抗示す

欧州連合(EU)と英国が今週行った通商交渉では、ほとんど進展が見られなかった。双方は合意成立の可能性について深刻な疑いを表明した。

relates to 英国との合意、現段階では公算小さい様子-バルニエEU首席交渉官

バルニエEU首席交渉官(21日、ブリュッセル)

  バルニエEU首席交渉官は21日、交渉を終えた後で、「現段階で英国とEUが合意できる公算は小さいように思われる」と発言。「今週は前進しているのではなく後退しているように感じられたことがあまりに多かった」と語った。

  バルニエ氏の会見中、英国側の交渉責任者を務めるデービッド・フロスト氏は声明を発表し、「今週は有益な協議ができたが、進展はほとんどなかった」と述べた。「合意は依然可能だが、容易ではないことは明らかだ」と続けた。

  英国側は今週、未解決の主要な相違点を明示した非公開の最終合意案をEU側に提出し、事態打開を図った。だが、EUは根本的な問題で双方の隔たりが依然大きすぎるとして、英国の提案に乗らなかった。

原題:
EU’s Barnier Says Brexit Deal Looks ‘Unlikely’ at This Stage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE