コンテンツにスキップする

クルーズ船運航のゲンティン、株価急落-香港部門が債務返済を停止

  • マレーシア株式市場でゲンティン株は一時5.8%安
  • ゲンティン香港は債権者へ全ての支払いを停止すると20日に発表

マレーシアの富豪、林国泰氏が率いる東南アジア最大級のコングロマリット、ゲンティンの株価が21日のクアラルンプール株式市場で大きく下げている。クルーズ船運航会社のゲンティン香港(雲頂香港)が債権者へ全ての支払いを停止すると前日発表した。

  ゲンティン株は前営業日比で一時5.8%安となった。20日のマレーシア市場は祝日のため休場だった。

  雲頂香港への協調融資に加わったマレーシアのマラヤン・バンキングやRHB銀行の株価も下落。クアラルンプール郊外でカジノとリゾートを運営するゲンティン・マレーシアの株価は一時6.1%下げた。新型コロナウイルス感染拡大でクルーズ旅行需要が減退したほか、移動制限でカジノやリゾートを訪れる人も減っている。

Genting Group Chairman Lim Kok Thay News Conference Ahead Of Resorts World Sentosa Grand Opening

林国泰氏

  林氏は雲頂香港の持ち株ほぼ全てを融資の担保として差し出している。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、林氏の資産は担保の株式を除いて約7億ドル(約740億円)と、年初の15億ドルから大きく減った。林家の持ち株会社にコメントを求めたが返答はなかった。

原題:Lim’s Genting Empire Under Pressure After Cruise Firm Debt Woes、Chairman of Ailing Cruise Firm Pledged Almost All His Shares (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE