コンテンツにスキップする

トランプ氏、ペンシルベニア州でバイデン氏批判-指名受諾演説にらみ

  • 「今回の選挙には米国の存続がかかっている」とトランプ氏
  • バイデン氏、ペンシルベニア州の支持率でトランプ氏をリード

トランプ米大統領は20日、 民主党の大統領候補に指名されたバイデン前米副大統領の生まれ故郷に近いペンシルベニア州オールドフォージを訪れ、バイデン氏が大統領に選ばれれば米国は破壊されると警告した。

  トランプ氏は「今回の選挙には米国の存続がかかっている」とした上で、「バイデン氏は米国のライフスタイルを破壊しようとする急進的な左派勢力の操り人形だ」と批判した。トランプ氏の遊説地のすぐ近くにあるスクラントンで生まれたバイデン氏は、20日夜に指名受諾演説を行う。

  オールドフォージやスクラントンのような小さな町で支持を得ることが、激戦州であるペンシルベニア州を制する鍵となる。同州は長年にわたり民主党の牙城だったが、2016年の前回大統領選ではトランプ氏が辛うじて勝利を収めた。現在はバイデン氏がリードしている。

  トランプ氏は民主党が勝てば犯罪増加と郊外の破壊につながるとの主張を繰り返したほか、バイデン氏が子供時代に家族の仕事のためデラウェア州に転居したことに触れ、同氏がペンシルベニア州を捨てたと述べた。

  リアル・クリア・ポリティクスがまとめた世論調査の平均によれば、ペンシルベニア州でのバイデン氏の支持率はトランプ氏を6.4%ポイント上回っている。

原題:
Trump Says Biden Would Destroy U.S. in Rebuttal of Nomination(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE