コンテンツにスキップする

アメリカン航空、米国内15都市の路線を廃止へ-需要見込めず

アメリカン航空グループは、需要が低いとして米国内15の小都市を対象に路線を廃止する計画だ。

  同社20日発表によれば、米政府の給与支援に関連した制約が9月末で終了してからまもなくの10月7日付で路線が廃止される。対象となっているのはイリノイ州スプリングフィールドやコネティカット州ニューヘブンなど。今後数週間でさらに変更が発表される見通しだ。

  米運輸保安局(TSA)が国内空港で実施する乗客の保安検査を基にすると、米国の移動や旅行の需要は今も前年の25ー30%にとどまっている。

原題:American Airlines to End Flights to 15 U.S. Cities on Low Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE