コンテンツにスキップする

トルコ中銀、3カ月連続で政策金利据え置き-大方の予想通り

トルコ中央銀行は20日、政策金利据え置きを発表した。利上げ見送りで通貨リラのボラテリティーは高まる恐れがある。

  金融政策委員会(MPC)は1週間物レポ金利を8.25%で維持した。3カ月連続の据え置きはブルームバーグの調査で大方の予想通りだったが、多くのアナリストはリラへの圧力とインフレ見通し悪化の中で利上げが妥当だと考えている。

  中銀は声明で、新型コロナウイルス対策のために導入した流動性措置を継続すると表明した。段階的に縮小する方針を示しているが、「最近取った引き締めステップがマクロファイナンシャルな安定を支えると判断した」という。

Corridor Policy
The Turkish central bank's average cost of funding is on the rise

原題:Turkey Avoids Rate Hike and Sticks With Stealth Tightening (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE