コンテンツにスキップする

金相場は記録的な上昇持続へ、通貨安や刺激策期待で-スカイブリッジ

  • 「金が自然な成り行きで代替通貨になるのは明らかだ」とガヤスキ氏
  • 「来年末までに1オンス=2100-2200ドル前後になっても驚かない」

金相場は「著しい通貨安」や追加刺激策への期待を背景に記録的な上昇が持続するとスカイブリッジ・キャピタルが予想した。同社は2011年に金投資から手を引いたが、最近になってエクスポージャーを増やした。

  スカイブリッジの共同最高投資責任者(CIO)兼シニアポートフォリオマネジャーのトロイ・ガヤスキ氏はユーロや人民元、新興国通貨を列挙し、「通貨安について考える際、ドルが何に対して下落するかが問題だ。世界中を見渡しても、代替通貨に色めき立つのは困難だ。そのため金が自然な成り行きで代替通貨になるのは明らかだ」と述べた。

Gold seen rising amid `massive currency debasement,' SkyBridge's Gayeski says

  ガヤスキ氏はインタビューで金について、「原油や他の商品と比べるとかなり高価だが、11年9月の前回ピーク以降、マネーサプライの伸びに匹敵するほど大きく上昇していない」と指摘。 「来年末までに1オンス=2100-2200ドル前後のレンジになっても驚かないだろう」と語った。

Key Speakers At The 2019 SALT Conference

トロイ・ガヤスキ氏

フォトグラファー:Joe Buglewicz / Bloomberg

原題:
Gold to Gain on Massive Currency Debasement, SkyBridge Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE