コンテンツにスキップする

マレーシア大物実業家リム氏の香港クルーズ船会社、債務返済停止

  • 20日の香港株式市場で雲頂香港の株価は一時38%超下落
  • 財務ストレスで資産売却、または会社清算迫られる可能性-光銀国際

マレーシアの大物実業家、リム・コックタイ(林国泰)氏が経営権を握るクルーズ船運営の雲頂香港(ゲンティン・ホンコン)は19日夜、債権者への支払いを全て停止すると発表した。20日の香港株式市場で同社の株価は一時38%余り下げた。

  雲頂香港は香港証券取引所への届け出で、利用可能な資金は自社の業務上極めて重要なサービスを維持するために使うと説明。債権者に再編案を評価する運営委員会を設置するよう要請した。7月末時点の債務残高は34億ドル(約3600億円)。

Shoppers on Canton Road As Hong Kong Revises 2Q GDP Growth Down

香港のビクトリア・ハーバーを航行する雲頂香港「スタークルーズ」のクルーズ船(2019年)

  同社は資金繰り悪化の原因が新型コロナウイルスの世界的流行にあるとし、今回の支払い停止がデフォルト(債務不履行)につながる公算が大きくなっていると指摘した。ブルームバーグの集計データによれば、リム氏は4月3日時点で雲頂香港株の69%を保有している。

  光銀国際投資の調査責任者、林樵基(バニー・ラム)氏は「財務ストレスで雲頂香港の所有者は資産売却、あるいは会社全体の清算を迫られるかもしれない」と分析。「清算の公算はあまり大きくないが、リム氏が資金を持たず、資産の買い手も見つけられなければその可能性は残る。その場合、株主の弁済順位は債券保有者に劣後することになる」とコメントした。

Genting Hong Kong shares tumble after company halts payments to creditors

原題:Tycoon Lim’s Hong Kong Cruise Operator Halts Debt Payments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE