コンテンツにスキップする

ロシュがリジェネロンと提携、治験段階のコロナ治療薬の開発・販売で

  • リジェネロンが米国、ロシュが世界の他の地域での販売を担う
  • コロナ患者の治療で第2/3相試験、予防目的で第3相試験が進行中

スイスの製薬会社ロシュは、米リジェネロン・ファーマシューティカルズの臨床試験段階にある新型コロナウイルス感染症(COVID19)治療薬について、開発と販売を支援することで合意した。有望な治療薬の増産を目指す協業となる。

  両社の19日の発表文によると、リジェネロンが米国、ロシュが世界の他の地域での販売を担い、供給は3倍以上になる見通し。リジェネロンの抗ウイルス薬「REGN-COV2」は新型コロナ患者の治療で2つの第2/3相試験、既に感染した人と生活を共にする人の予防目的で第3相試験が進められている。

  数千の抗体候補のスクリーニングを経てリジェネロンが設計したこの医薬品には、新型コロナウイルスの中和を目指す2つの抗体が含まれている。一方、新型コロナ診断製品で世界有数のメーカーであるロシュは、治療薬の候補として自社の医薬品の試験を実施しているがそのうち1つは失敗している。

  19日のチューリヒ市場でロシュの株価は2.4%高で終了した。

原題:Roche Teams Up With Regeneron on Experimental Covid Treatment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE