コンテンツにスキップする

米追加経済対策、「規模縮小した合意の見通しが改善」-メドウズ氏

メドウズ米大統領首席補佐官は19日、「規模を縮小した追加経済対策での合意の見通しはこれまでより改善された。だが、われわれはまだそこに至っていない」と語った。

  メドウズ氏は記者団に対し、ペロシ下院議長が郵政公社に関する単体の法案採決に動けば、「われわれが合意可能な項目に組み入れさせてもらおう」と発言した。

  さらに合意できる確信はないとしながらも、学校や個人の防護装備のための資金、失業給付上乗せ、「場合によっては」小切手による現金給付を組み込むことも可能かもしれないと述べ、議会民主党との非公式協議は「非常にうまくいった」との認識を示した。

原題:‘Skinny Deal’ Outlook Better Than It’s Ever Been, Meadows Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE