コンテンツにスキップする

民泊仲介のAirbnb、IPO登録書類をSECに非公開で提出

Popular Smart Phone Apps Of 2016
Photographer: Carl Court/Getty Images Europe
Popular Smart Phone Apps Of 2016
Photographer: Carl Court/Getty Images Europe

民泊仲介の米エアビーアンドビーは19日、新規株式公開(IPO)の登録書類を非公開の形で米証券取引委員会(SEC)に提出したと発表した。規模や価格レンジはまだ設定していないとしている。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が最初のピークを付けた後の旅行回復は予想を上回るペースで進んでおり、エアビーが上場計画を維持するのを可能にしている。同社は当初、3月31日のSECへの書類提出を予定していたが、コロナ感染拡大に伴う市場の混乱で変更を余儀なくされ、来年まで上場計画を棚上げにするとの観測が浮上していると、ブルームバーグ・ニュースは報じていた。

国内で近場の旅行なら回復か、米エアビーで予約急増-コロナで低迷後

  エアビーは2017年の資金調達ラウンドのピーク時に310億ドル(現在のレートで約3兆2900億円)と評価されたが、財務強化のため20億ドルの債券を今年発行し、バリュエーションは当時と比べかなり減少しているもようだ。

原題:Airbnb Files Confidentially for IPO With Travel Rebounding (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE