コンテンツにスキップする

ホワイトハウスは郵政公社への250億ドル支援を検討する用意-報道官

  • 政権が求めている他の経済対策も議会が承認するならとマクナニー氏
  • ペロシ下院議長は22日に郵政公社支援策の採決計画

マクナニー米大統領報道官は19日、郵政公社支援で250億ドル(約2兆6500億円)を拠出する民主党案について、ホワイトハウスが求めている他の新型コロナウイルス危機関連の経済対策も議会承認するなら政権として検討する用意があると述べた。

  同報道官はホワイトハウスで記者団に、「われわれは250億ドルを検討する可能性を排除していないが、米国民のための救済策が含まれることを望む」と語った。

  ペロシ下院議長は22日に250億ドルの郵政公社支援策の採決を行う計画。郵政公社を巡っては、資金不足により11月の大統領選の郵便投票を処理できないのではないかとの懸念が強まっている。

原題:
White House Open to $25 Billion for Postal Service, McEnany Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE