コンテンツにスキップする

海洋掘削請負のバラリス、米連邦破産法11条の適用申請-原油安響く

  • 同業のノーブルやダイヤモンド・オフショアに続き破産申請
  • 原油価格急落で海洋掘削業界は苦戦している

海洋掘削請負会社バラリスは19日、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをテキサス州南部地区の連邦破産裁判所に申請したと発表した。世界的な原油価格下落の新たな犠牲者となった。

  バラリスは社債の利払いを履行できなかった後、破産申請を余儀なくされる可能性があると明らかにしていた。同社は発表資料で、社債保有者の約半分と拘束力のある再編支援合意を結び、5億ドル(約530億円)の事業再生融資(DIPファイナンス)を受けたことを明らかにした。

  バラリスの同業であるノーブルダイヤモンド・オフショア・ドリリングも破産申請している。2014年半ばに100ドルを突破した原油価格が16年に30ドル以下に急落した後、海洋掘削業界は苦戦している。

原題:
World’s Largest Offshore Rig Owner Valaris Files for Bankruptcy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE