コンテンツにスキップする

【新型コロナ】仏・スペインなど欧州で感染拡大、北朝鮮経済も打撃か

更新日時
  • 韓国の感染拡大続く、新規感染者288人-香港では感染収束の兆候
  • トランプ氏、リモート授業の大学批判-コロナ血漿療法の許可遅れも
Pedestrians wearing protective masks cross a street in the Soho neighborhood of New York, U.S., on Thursday, Aug. 6, 2020. 

Pedestrians wearing protective masks cross a street in the Soho neighborhood of New York, U.S., on Thursday, Aug. 6, 2020. 

Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg
Pedestrians wearing protective masks cross a street in the Soho neighborhood of New York, U.S., on Thursday, Aug. 6, 2020. 
Photographer: Nina Westervelt/Bloomberg

欧州で新型コロナウイルスの感染が拡大している。フランスで19日、新規感染者が3776人と同国がまだロックダウン(都市封鎖)中だった5月上旬以来の多さとなった。スペインでも3715人と、4月下旬以来最多となった。ギリシャは感染急増を受けて、観光地2カ所での行動制限措置の強化に動いた。

  北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会が19日に開かれ、金正恩委員長は経済目標の達成が「非常に遅れている」ことを認めた。国営の朝鮮中央通信が伝えた。同国に対する制裁と洪水、新型コロナウイルスが同国経済に打撃を与えている可能性が示唆された。

北朝鮮、来年1月の労働党大会招集を決定-朝鮮中央通信

  韓国では感染拡大が続き、20日午前0時までの24時間で新たに288件の感染が確認された。一方、香港では19日の域内新規感染者が23人と、感染拡大第2波が先月始まって以来最少となり、収束の兆候が見られた。

  全米の新型コロナ感染件数は19日午後時点で前日比0.8%増え、551万件となった。増加率は3日連続で0.8%となり、過去1週間の平均である0.9%を下回った。ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データで明らかになった。

  ニューヨーク市で19日、新型コロナ感染症(COVID19)の陽性率が、3月に感染のパンデミック(世界的大流行)が始まって以降で最も低くなった。テキサス州のCOVID19による入院者が6月後半以来最少となった。フロリダ州の感染者増加率は0.7%と、7日平均である1%を下回った。

  トランプ米大統領は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けリモート授業を開始した大学について、学生をキャンパス内にとどめておいた方が地域社会にとって安全だと批判した。大統領はまた、血漿(けっしょう)を利用した新型コロナ患者治療について、自分に政治的打撃を与える狙いで米保健当局者が緊急使用許可(EUA)を11月の大統領選後まで先延ばしする可能性があると、根拠を示さずに主張した。

トランプ氏、リモート授業の大学批判-学生は構内にいた方が地域安全

トランプ大統領、コロナ血漿療法の使用許可遅れも-「政治的」理由で

  米ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグのデータによれば、世界の感染者数は2230万人を突破し、死者数は78万4000人を上回った。

  ニュージーランド当局はオークランドのクラスター(感染者集団)に関連していないとみられる感染者2人を調査している。ブルームフィールド保健長官が20日明らかにした。同国の19日の新規感染者は5人だった。

  アラブ首長国連邦(UAE)では感染者が急増している。政府は集会などの機会が増えていることと、国民が感染予防措置を順守していないためだと説明した。19日の新規感染者は435人と、この約1カ月で最多となった。

原題:U.S. Infections Rise 0.8%; More Cases in Korea: Virus Update(抜粋)

(米国や欧州の情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE